職場の教養 感想7月3日(土)「波に乗るがごとく」

おはようございます。@ukara91です。
7月3日(土)の職場の教養は「波に乗るがごとく」です。

波に乗るがごとく

 本日は、「波の日」です。海やサーフィンに対して、もっと関心を持ってもらうことを目的に制定されました。今月開催予定の東京五輪で、サーフィン競技は正式種目となっています。
 サーファーのNさんは、サーフィンを始めた頃、ボードの上に立つ時や波に乗る時のバランス感覚に苦労したそうです。そのコツを掴むために、何回も波にのまれながら、繰り返し練習を重ねてバランス感覚を習得したといいます。
 繰り返すことの大切さは、仕事においても共通します。仕事のスキルは繰り返し経験を積むことで磨かれ、波に乗ったような感覚を得られるのです。
 業務には、得意・不得意があるでしょう。苦手な業務でも、経験を重ねれば、いつしか上達するものです。諦めずに挑戦し、達成した時の喜びは、波に乗るサーファーと同様の充実感となり、仕事の幅も広がることでしょう。
 経験を積み重ね、腕を磨き高めた分だけ、上達という波に乗ることができ、仕事のスキルアップにつながるはずです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月3日(土)「波に乗るがごとく」より

<今日の心がけ>
経験を重ねスキルを磨きましょう

波に乗るがごとく 感想

サーフィンの事例は目標達成のよいエピソードですね。最初からサーフボードの上に立てる人もいますが、自信の無い人は立とうと思わなくてもよいのです。ただただしがみついているだけでOK.そう考えると気が楽ですよね。
海の上でボードにしがみつく事になれてくると、自然と他の事をしたくなってきます。そうなったらお尻をボードに乗せて座ってみたらよいですね。この時でも立とうとしなくてもよいです。ただただ座っていればOK.気が楽。
これもなれて来ると、また他の事をしたくなってきます。
立ってみてください。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

「職場の教養 感想7月3日(土)「波に乗るがごとく」」への1件のフィードバック

  1.  苦手なことを克服するためには?の大きなヒントを
    知ったと思います。
     私に限らず、誰しもが苦手なことから逃げたがり、
    結局は苦手なまま終わってしますというようなことが
    多いと思います。
     私はサーフィン経験はないですが、苦手なことを波に
    例えて、その波にのまれながら徐々にスキルを掴んでいく
    ということが、すごくわかりやすく、これから苦手な
    ことに対する気持ちとして繰り返し実践していこうと
    いう気になれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)