ゴミ箱の汚れ

おはようございます。@ukara91です。
10月20日(日)の職場の教養は「ゴミ箱の汚れ」です。

ゴミ箱の汚れ

 Nさんの職場では、清掃業者が毎日決められた時間に、ゴミを回収することになっています。ある日、いつものようにゴミを回収場所に持って行ったところ、少し離れた流し場で、ゴミ箱を水洗いしている同僚を見かけました。
 「どうしたの?」と話しかけると、「出張中のUさんのゴミ箱が汚れていたので、水洗いしています」と同僚は爽やかに答えました。
 <ゴミを入れておく箱なのだから、多少汚れているのは当然じゃないか>と、これまで気にしたこともなかったNさんは、同僚の姿に胸を打たれました。
 改めて職場内のゴミ箱を見渡してみると、埃などで汚れたものが多数あったのです。
 毎日、ゴミ箱は人間の出したゴミを黙って受け入れてくれます。そのお陰で、快適な職場環境を保てていることに気がついたNさんは、急にゴミ箱に愛着が湧いてきたのです。
 まずは、同僚を見習い、自分のゴミ箱を綺麗に磨いたNさんでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月20日 「ゴミ箱の汚れ」より

<今日の心がけ>
身の回りの物を清潔にしましょう

飲食店に食事に行った時に、トイレが汚いと次から行きたくなくなりますよね。
ゴミ箱もそれとおんなじで、汚くなると、なんだか遠ざかりたくなってきます。

ゴミは毎日の生活に関わるライフラインの終着駅ですので、常に綺麗にすることで気持ちよく生活したいものです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。 若い頃に管理職になり、「年上の方」や「考え方の違う方」との関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくり、水を吸いすぎたスポンジのようにダブダブになっているのでアウトプットしていきます。 食品業界の裏話等もつぶやくことがあるかもしれません。 当サイトはamazon.co.jpをリンクすることによって紹介料を獲得できるアソシエイトプログラムに参加しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です