職場の教養 感想10月20日(水)「紛失からの気づき」

おはようございます。@ukara91です。
10月20日(水)の職場の教養は「紛失からの気づき」です。

紛失からの気づき

職場の教養10月20日の画像

 スマートフォンは、電話やメールをはじめ、写真撮影や動画、音楽鑑賞、各種支払いなどにも用いることができる便利なモバイル端末です。
 現代人にとって必需品ともいえるスマホを、Tさんは出張中になくしてしまいました。夜、外出先からホテルに戻って、初めて紛失に気づいたのです。
 ホテルの電話で家族に連絡を取ろうとしても、電話番号がわかりません。インターネットは使えず、明日の予定も確認できなくなってしまいました。
 ところが、幸運にも、レストランで夕食を共にした取引先の担当者がTさんの忘れ物に気づき、ホテルまで届けてくれたのです。
 途方にくれていたTさんは救われ、便利な機器に頼りすぎていたことを深く考えさせられました。
 それからは、2度と困らないよう、重要な電話番号は手帳に控え、日々の手入れや収納場所にも気を配るなど、危機管理を徹底するようになりました。
 便利な道具を大いに活用しつつも、2段構えで不慮の事態に備えたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養10月20日(水)「紛失からの気づき」より

<今日の心がけ>
備えを万全にしましょう

紛失からの気づき 感想

職場の教養10月20日の画像

スマホやPCに頼りっぱなしの現代。もし電気が無くなったら僕たちの社会はどうなるのでしょうか?本当に重要なものは、ノートにメモしておいたりすると良いかもしれませんが、電気がなければ銀行でお金も下ろせなくなるかもしれませんね。

そういう社会になっても大丈夫なように備えるには、自給自足するために農業を行う事が良い対策なのかもしれません。現代はとても便利な社会ですが、いざという時は一気にピンチに陥ります。僕たちの祖父やその父親の時代の生活は「農業」が支えていました。少し生き方も見直してみるのもよいかもしれません。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)