職場の教養 感想12月12日(日)「出費がかさむ」

おはようございます。@ukara91です。
12月12日(日)の職場の教養は「出費がかさむ」です。

出費がかさむ

職場の教養12月12日の画像

 師走は年末に向けての後始末、新年の準備など、何かと用事があり、出費がかさむことが多くなるものです。
 家族4人で生活するBさんは将来のために、子供の教育費など出費が増えることを見越して、家計をやりくりしなが貯蓄をしています。
 毎月決まった額を蓄えていますが、最近はお金を使うことが増えて、次第に出し渋るようになりました。特に年末年始は出費も多く、計画通りにいかないためイライラすることがあったのです。
 ある日、そのようなBさんの姿を見た妻が、「あまりイライラしないで。お金を無駄に使わないのはいいことだけれど、使うべき時には思いきって使い、喜んで出す。それがお金を活かした使い方なのでは?」と言われたのです。
 貯めることだけを第1に考え、お金を使う喜びを忘れていたBさんは、妻の言葉を受けてこれまでの自分を戒めました。
 入った時だけではなく出す時も喜び、楽しく蓄えていこうと思ったBさんでした。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月12日(日)「出費がかさむ」より

<今日の心がけ>
金銭は活かして使いましょう

出費がさかむ 感想

職場の教養12月12日の画像

何をするにはお金が必要ですが、お金は「投資」のために使う物です。
毎日の食事も、自分自身への投資。旅行に行くのも投資。移動する時の電車代もすべて自分が何かを行うための、自分への投資です。

毎日の食事を価格だけ考えて安く上げるのも、他に投資の配分があるならよいですが、美味しいのを食べたいのに我慢ばかりしてるなら、自分への投資が足りないのかもしれませんね。

自分を好きになり、自分に投資ができなければ、他人や社会を幸せにすることはできませんので、仕事だってうまくいきません。

出費がかさむ時は、自分への大型投資ということです。
しっかり投資したんだからがんばって、使用したお金よりも大きな成果がでるようにがんばりましょう。そうやって考えるとお金は増えていくはずです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)