職場の教養 感想12月31日(金)「12月の花」

おはようございます。@ukara91です。
12月31日(金)の職場の教養は「12月の花」です。

12月の花

職場の教養12月31日の画像

 日本は四季折々の花が咲きますが、冬を彩る鉢植えの代表格といえば、シクラメンでしょう。例年、年末に近づくほど花屋の店頭に多く並び、人々の目を楽しませてくれます。
 緑の少ない冬に咲く貴重な花として人気のシクラメンは、実は10月頃から咲き始めます。美しく優雅な花の形が魅力的で、大きさも大小様々です。色も白、黄、赤、ピンクなどいろいろあります。
 ちなみに白いシクラメンの花言葉は「清純」、赤は「嫉妬、愛情」、ピンクは「憧れ、内気、はにかみ」などで、色によって違いがあるようです。
 1年の締めくくりである年末は、忙しさのあまり、心に余裕がなくなることも多いものです。そのような時、美しい花を眺めると、よい気分転換になるのではないでしょうか。
 すっきりと気持ちよく新年を迎えるためにも、花に活力をもらいながら、1つひとつの仕事を確実に処理していきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養12月31日(金)「12月の花」より

<今日の心がけ>
花を愛でましょう

12月の花 感想

職場の教養12月31日の画像

花は美しく、花言葉も素敵ですね。
花と同様に、人もひとりひとり個性があります。「人言葉」なんてものは聞いたことありませんが、花と同様に人にも特性があります。
花を愛でることも素敵ですが、人を愛でることができたらもっと素敵かもしれません。

今年も1年お世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)