職場の教養 感想1月14日(金)「苦労を吹き飛ばす」

おはようございます。@ukara91です。
1月14日(金)の職場の教養は「苦労を吹き飛ばす」です。

苦労を吹き飛ばす

職場の教養1月14日の画像

 ある日、Aさんは職場の先輩たちと話をしていました。皆、実力と人望が備わった人たちです。その際、過去の仕事の話題に及びました。
 すると、先輩の1人は「ゼロから事業を立ち上げた時は、石を積み上げる以前に岩盤を砕く想いで1つづつ条件を整えて、数年かけて軌道に乗せることができたんだ」と、笑いながら話してくれました。
 もう1人の先輩は、10数年前に業界が不景気だった時のことを語り、「苦境を脱するために、◯◯をしたんだ」と打開した経験を語ってくれたのです。
 先輩たちの話からは当時の大変さ以上に、苦境を乗り越える原動力となった熱意と、厳しい状況下にもめげずやり遂げた思いがAさんに伝わってきました。
 そして、<後輩が困難な事態に陥った時には、自分も良き経験談を語れるだけの実績を積もう>と心に決めたAさんでした。
 仕事に障害はつきものですが、それを乗り越えることこそ、仕事の醍醐味といえるでしょう。日々、苦労を吹き飛ばせるような働きを心がけたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養1月14日(金)「苦労を吹き飛ばす」より

<今日の心がけ>
明るい気持ちで仕事に励みましょう

苦労を吹き飛ばす 感想

職場の教養1月14日の画像はこちらから

会社や人の成長には、「障害」が不可欠なのかもしれません。
障害が発生したら、チャンスと思って、しっかりと取り組んでいくとよいと思います。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)