職場の教養 感想2月21日(月)「パン祖(そ)」

おはようございます。@ukara91です。
2月21日(月)の職場の教養は「パン祖」です。

パン祖

職場の教養2月21日の画像はこちら

 主食やおやつとしてパンを食べる人は多いでしょう。日本にパンを広めたのは、江戸時代後期に活躍した、伊豆(いず)韮山(にらやま)代官の江川太郎左衛門英龍(えがわたろうざえもんひでたつ)だといわれます。
 英龍は、鉄を溶かして大砲を作る「韮山反射炉」を幕府の命を受けて造った人です。外国船の来航に国難を感じていた英龍(ひでたつ)は、国を守るため、長崎で蘭学と近代砲術を学び、伊豆の韮山で砲術塾を開設するなどしました。
 パンは室町時代に、ポルトガルから鉄砲と共に伝来していましたが、江戸時代に鎖国をしたため、長崎の出島でそこに住む外国人のみに作られていました。
 英龍が焼いたパンは、軍用の保存性があり携帯できる水分の少ない硬いパンでした。貯蔵用のパンとしても重宝され、全国に広まったことから、昭和28年に全国パン協議会が英龍を「パン祖」として顕彰したのです。
 伊豆の国市(くにし)では、その功績を称える「パン祖のパン祭り」が開催されています。
 日本には、世界中のさまざまな食べ物があります。その由来を調べてみると、時代背景や意外なエピソードを知ることができるでしょう。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月21日(月)「パン祖」より

<今日の心がけ>
食べ物のルーツを探ってみましょう

パン祖 感想

職場の教養2月21日の画像はこちら

 「パン祭り」と聞くと、山崎パン祭りを思い出し、期間中にいくつかパンを買い、シールを集めると「皿」がもらえるイメージになりますが、「パン祖のパン祭り」はとても歴史が古いのですね。
今では、米を食べずにパン食の日本人がとても増えていますが、パンの歴史をしっている人は少ないでしょう。
自分達が口にするものの歴史ぐらいは知っていたいですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)