職場の教養 感想2月2日(水)「2月を逃さない」

おはようございます。@ukara91です。
2月2日(水)の職場の教養は「2月を逃さない」です。

2月を逃さない

職場の教養2月2日の画像

「1月(いちげつ)往(い)ぬる2月(げつ)逃げる3月(げつ)去る」の慣用句から「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」といわれます。
 これは、正月から3月までは行事が多く、あっという間に過ぎてしまうことを表現しています。1月は年始の休みがあり出勤日が少ないことから、今年も1ヶ月が瞬く間に過ぎたと感じたことでしょう。
 2月は、ほかの月に比べて日数が少ないのが特徴です。入社2年目のAさんは、昨年の2月、いつもと同じペースで仕事をしていました。
 しかし、25日になり、ようやく「今月はあと3日しかない」ということに気がついて、大慌てで月末業務に取り組んだのでした。
 Aさんは1年前を振り返って、「今年は、2月をしっかり乗り越える」と意欲を燃やしています。例月(れいげつ)、10日前後に行うことは、前倒しして5日に終わらせるなど、何事も早めに業務に取り組むようにしています。
 「逃げる2月」をしっかりつかまえて、仕事に励みたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養2月2日(水)「2月を逃さない」より

<今日の心がけ>
先手で行動しましょう

2月を逃さない 感想

職場の教養2月2日の画像

 2月は本当に日数が少ないし、祝日が多いので、会社の稼働日が少なくなります。
この2月が終わると、多くの企業の決算月である3月を迎えます。
 1年の目標を立てたなら、この2月にどれだけ進められるかが1年の進捗に大きな影響を与えそうです。

着実に前進する2月にしましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)