職場の教養 感想3月10日(木)「不測の事態に備える」

おはようございます。@ukara91です。
3月10日(木)の職場の教養は「不測の事態に備える」です。

不測の事態に備える

職場の教養3月10日の感想

 不測の事態に備えることは重要です。たとえば、近くに急病人がいたとします。心筋梗塞など、原因が心臓に関わる場合は一刻を争います。
 救急車を呼ぶ以外に、AEDが近くにあれば使用を考える必要があります。
これは心臓の痙攣を抑える装置で、医療従事者でなくとも使用が可能です。
 消防庁から出された平成30年のデータによると、一般市民が心肺機能停止を目撃した事例は、2万件以上に上ります。その中で、目撃者によるAEDでの除細動が施されたのは5%弱でした。除細動が行われたかどうかで、生存率や社会復帰率に5倍程度の違いがあるといわれています。
 このような時のために、AEDについて調べておくことは大切です。自身の生活圏でAEDがどこに設置されているかを確認し、どのような条件の時に使用できるものなのか、正しく知る必要もあるでしょう。
 身近な人を守るためにも、またいざという時に後悔しないためにも、救急救助の手順を日頃から確認しておきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養3月10日(木)「不測の事態に備える」より

<今日の心がけ>
救急救助の確認をしましょう

不測の事態に備える 感想

職場の教養3月10日の画像

不測の事態というのは本当に突然やってきます。
そうなった時に困らないようにするには、不測の事態を想定した訓練をするしかありません。除細動器などは、最近は自動車免許取得の講習などで訓練しますが、忘れない様にたまに動画を見たりして、いつでもできるようにしておきたいものです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)