職場の教養 感想5月24日(火)「自分と重なる」

おはようございます。@ukara91です。
5月24日(火)の職場の教養は「自分と重なる」です。

自分と重なる

職場の教養5月24日の画像

 Tさんは、出社後にコーヒーを飲むことが日課になっています。
 ある朝、社内のコーヒーサーバーから淹れたてのコーヒーを一口飲むと、いつもより薄味になっていることに腹を立てました。
 とっさに<今日は誰が淹れたんだ。朝の楽しみが台無しじゃないか>と淹れた人に対しての不満が募っていきました。しかし、同僚が同じコーヒーを飲んだ際に、「今日のコーヒーもとてもおいしい」と言ったのです。
 それを聞いたTさんは、同僚の言葉で自分の新入社員時代の失敗を思い出しました。それは、会社で初めてコーヒーを淹れた時、水の分量を間違えて薄味になってしまったのですが、上司から優しくなぐさめられたのです。
 その後、上司がTさんにおいしいコーヒーを淹れてくれました。当時のことを思い出したTさんは、コーヒーを淹れた人を責めていたことを反省しました。
 失敗した相手を責めるのではなく、やり方をていねいに説明し、自ら率先して手本をみせることが、相手の成長につながっていくのではないでしょうか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月24日(火)「自分と重なる」より

<今日の心がけ>
謙虚な心で接しましょう

自分と重なる 感想

職場の教養5月24日の画像

 いつもより薄味のコーヒーを淹れてしまった人は、これからも何回もコーヒーを淹れてくれる人かもしれません。1回の失敗を責められた人が、その後にコーヒーを淹れる時、平常心でいられるでしょうか?なんだか、また失敗してしまいそうなぐらいプレッシャーを感じてしまうかもしれません。
 Tさんの上司のように、失敗をなぐさめてくれれば、失敗がよい思い出になり、その後のコーヒーもおいしく感じると思います。自分にとっても相手にとってもプラスになるのはどちらなのかは、簡単に答えがでそうですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)