職場の教養 感想5月28日(土)「読書の効用」

おはようございます。@ukara91です。
5月28日(土)の職場の教養は「読書の効用」です。

読書の効用

職場の教養5月28日の画像

 生活様式の変化やメディアの発達により、「読書離れ」「活字離れ」が指摘されて久しい昨今です。
 平成30年に文化庁が行った「国語に関する世論調査」では、47.3%の人がひと月に1冊も読書をしないという結果でした。また読書量が減ったと67.3%の人が回答しています。
 その一方で、読書量を増やしたいと思っている人は60.4%もいました。読書による効用を一定数以上の人が認めているといえます。
 読書にはリラックス効果があり、就寝前に本を読むと良質な睡眠が期待できるともいわれています。考える力や豊かな情操(じょうそう)を育む基盤としても大変重要です。
 人が本を読むのは、自分に足りない知識を取り入れて、新しい自分を築き上げるためともいえるでしょう。
 興味のある本や知人が推薦する本を読んでみるなど、積極的に本と向きあってみましょう。本から得た知識によって、新しい自分と出会えるかもしれません。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養5月28日(土)「読書の効用」より

<今日の心がけ>
本を読みましょう

読書の効用 感想

職場の教養5月28日の画像

 ネットの発達により、端末からいろんな情報にアクセスできる時代になりました。
しかし、情報が多すぎて論理的な思考ができる人は少ないです。論理的思考を育むためには読書が最適です。
一人の人間が認めた文章を読み、理解しようと読み進めることで論理的な思考力を育むことができ、考える力が醸成されます。
時代は進んでも読書は大切ですね。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)