職場の教養 感想6月3日(金)「愚痴を言わない」

おはようございます。@ukara91です。
6月3日(金)の職場の教養は「愚痴を言わない」です。

愚痴を言わない

職場の教養6月3日の画像

 言っても仕方のないことを嘆くことを「愚痴」といいます。
 日々の生活の中では、どうにもならないことは沢山ありますが、それを否定的に受け止めてしまうと、不満の思いが溜まり、愚痴が飛び出してしまいます。
 職場内で愚痴が飛び交うようになってしまうと、聞かされる人のストレスは溜まり、チームワークも悪くなって仕事に支障をきたしかねません。
 もし、自らの言葉に否定的な内容が多くなったと気づいたら、まず、考え方を変えて、困難な状況を自己成長の機会と捉えてみると良いでしょう。
 また、今、どうにもならないことであっても、それを将来の解決や実現の目標とすれば、仕事をする上での計画やビジョンも設定できます。
 さらに、心の状態が否定的な思いが強い時は、日常の小さな「ありがたいこと」に目を向けてみましょう。感謝の思いが心を解(ほぐ)してくれるに違いありません。
 困難な中にあっても、潔く思い切って心を切りかえ、喜びや希望を見出すよう努め、明るい、活力に満ちた職場にしたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養6月3日(金)「愚痴を言わない」より

<今日の心がけ>
明朗な職場をつくりましょう

愚痴を言わない 感想

職場の教養6月3日の画像

 ついつい愚痴を言ってしまいそうな事はあるかもしれません。でも「愚痴」を言った後に、実際にすっきりしているでしょうか?愚痴に賛同してくれる仲間は増えるかもしれませんが、その仲間から前向きな言葉は多いでしょうか?結局、愚痴を言う事によって集まってくるのは「愚痴ばかり」です。

前向きな言葉を集めるためには、やはり自分が前向きな言葉を発信することです。
どうしてもそれができない時は、愚痴の原因となるものに向き合い、発言したうえでどうにもならない場合は、その場から離れればよいと思います。
愚痴ばかり言う生活なら、思い切って離れてみてもなんとかなるものです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)