職場の教養 感想6月7日(火)「梅雨の魅力」

おはようございます。@ukara91です。
6月7日(火)の職場の教養は「梅雨の魅力」です。

梅雨の魅力

職場の教養6月7日の画像

 毎年6月頃になると、入梅や梅雨入りという言葉を耳にします。湿度の高くなるこの時期が、苦手な人も多いことでしょう。
 入梅とは二十四節気を補う雑節(さっせつ)の1つで、2月の節分や5月の八十八夜などが該当します。古くから日本人の生活に溶け込んだ節目とも言えるでしょう。
 出勤する際、降り続く雨でヘアスタイルが崩れたり、服が濡れたりと、マイナスイメージの多い季節ですが、梅雨の魅力もたくさんあります。
 雨に濡れて美しく咲く花に、紫陽花(あじさい)や花菖蒲(はなしょうぶ)があります。恵みの雨と言われるように、雨は大地や自然を潤し、彩りを与えてくれます。
 そもそも梅雨は東アジア地域で見られる季節現象です。晴天が続く嬉しさもありますが、「梅雨の晴れ間」「梅雨の中休み(なかやすみ)」という言葉があるように、雨があるおかげで晴れの嬉しさが倍増するときもあるでしょう。
 人によっては、夏の到来が待ちきれない時期かもしれません。その中で梅雨の良さを知り、梅雨を楽しむ心で生活してみてはいかがでしょうか。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養6月7日(火)「梅雨の魅力」より

<今日の心がけ>
梅雨を楽しむ心を持ちましょう

梅雨の魅力 感想

職場の教養6月7日の画像

 私は梅雨の時期になると、なんだか体に疲れがでてきます。
最近は、梅雨の時期には、疲れを感じ取ることができるようになると考えるようになりました。季節が変わることでいろんな気づきを得ることができるし、私たち自身も自然の一部と考えると、身体にも四季やリズムがあるのも当たり前かもしれませんね。
そんな四季とも寄り添いながら楽しんでいきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)