職場の教養 感想6月17日(金)「足跡を辿る」

おはようございます。@ukara91です。
6月17日(金)の職場の教養は「足跡を辿る」です。

即席を辿る

職場の教養6月17日の画像

 かつてアメリカの雑誌、『ライフ』が発表した「この1000年の間で最も重要な人物トップ100ランキング」は、当時、大きな反響を呼びました。
 主に科学、政治、芸術、思想などの分野で活躍した人物が選出され、代表的な人物に、現代物理学の父・アインシュタイン、発明王・エジソン、民主主義の父と呼ばれるリンカーンなどが名を連ねました。
 日本から唯一選ばれたのは、代表作「富嶽(ふがく)三十六景」で知られる江戸時代の画家・葛飾北斎でした。色彩と創造性に富んだ北斎の浮世絵作品は、日本の文化・絵芸術性の高さを改めて世界に向けて発信することとなりました。
 多くの先人たちが築き上げた知恵や叡智という土台の上に、人類文化が発展したことで、私たちは豊かな暮らしを育んでおります。
 昨今、書籍だけでなくインターネットなどの情報ツールによって、先人の生き様や功績を以前よりも簡単に知ることができるようになりました。今一度、社会の発展に寄与貢献してきた先人を知り、感謝の思いを深めていきたいものです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養6月17日(金)「足跡を辿る」より

<今日の心がけ>
先人の功績を知りましょう

足跡を辿る 感想

職場の教養6月17日の画像

 多くの先人のおかげで、私たちは豊かな生活をさせてもらっています。その知恵や工夫には本当に感謝申し上げます。
 でも近年(特に戦後)は、「社会の為」ではなく「お金」や「自分」の為に活動する人が多くなり、社会を良くしていこうという人物が少なくなってきたのかもしれません。先人の足跡に感謝しながら、自分もやがて「先人」になることを自覚しながら、自分の力をどのように社会に活かしていくか?を考え、自分の足跡を後世に残せるように生きていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)