職場の教養 感想6月26日(日)「おかげさま」

おはようございます。@ukara91です。
6月26日(日)の職場の教養は「おかげさま」です。

おかげさま

職場の教養6月26日の画像

 日本中央競馬会の調教師として通算1570勝を積み重ね、11度の年間最多勝利調教師賞に輝いた藤沢和雄氏が、今年の2月に定年を迎え現役を引退しました。
 藤沢氏は、「馬の身になって物事を考えること」をモットーに調教師としての仕事に邁進してきました。海外の大レースを自身の管理馬(かんりば)で勝利した際のインタービューで次のように応えています。
 「人間なんて勝手なモノで、負けると馬のせいにするくせに、勝てば自分の手柄にしたがる。常に『馬のお陰』という気持ちを忘れないようにするため、優勝時の記念写真には出しゃばらず、馬を中心に映してもらうようにしている」
 私たちは、いつでもどこでも周囲の人や物に助けられ、支えられて過ごしています。そうしたことを忘れると、慢心や不満の心が生まれてきます。
 日頃から相手への感謝の気持ちを忘れず、常に謙虚に、明るく朗らかに働く人の元に、周囲からの応援や評価はおのずと付いてくるのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養6月26日(日)「おかげさま」より

<今日の心がけ>
謙虚さを忘れずに働きましょう

おかげさま 感想

職場の教養6月26日の画像

 人は一人では生きていけないし、もし一人でも生きていけるように進化したとしても、それはつまらない社会だと思います。
周囲に人がいることや、自分の知らないところにも人がいて「社会」が形成されているということは、とてもありがたい事だし、自分を成長させてくれる面白い社会とも言えます。そんな社会に感謝し、周囲にいる人にも感謝しましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)