職場の教養 感想7月4日(月)「お化け煙突」

おはようございます。@ukara91です。
7月4日(月)の職場の教養は「お化け煙突」です。

お化け煙突

職場の教養7月4日の画像

 同じ物体を見ているのに、見る側の位置や角度によって、まったく違ったものに見える場合があります。円柱や円錐などは、分かりやすい例といえるでしょう。
 かつて東京都足立区にあった千住火力発電所には、高さ80メートルを超える4本の煙突がありました。その煙突は上から見るとひし形に配置されていたため、地域の人々からは、「お化け煙突」の愛称で親しまれました。
 別角度から見てみると違って見えるということは、物体に限らず、人や状況を見るときにも当てはまるでしょう。
 社会生活を送る上では、さまざまな価値観の人と接する機会がありますが、どの角度から見るかによって見え方が変わるものです。また、不利な状況下にあっても、捉え方次第で、これまでにない発想が生まれたりするものです。
 固定観念や先入観などをいったん横へ置いて、今目の前にある物事を別の角度から見てみると、意外な気付きを得られるかもしれません。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養7月4日(月)「お化け煙突」より

<今日の心がけ>
多角的な視点を持ちましょう

お化け煙突 感想

職場の教養7月4日の画像

 「別の角度からは見え方が違う」と意識することは大切なことです。
人と話をする時にも、自分のことだけでなく、相手の立場からはどのように見えるか?を想像してみましょう。そうやって意識しながら話を続けていくと、さまざまな角度から同時に思考できるようになっていきます。「多角的な視点=知性」です。
知性を磨いていきましょう。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)