職場の教養 感想9月15日(木)「枠にはまる」

おはようございます。@ukara91です。
9月15日(木)の職場の教養は「枠にはまる」です。

枠にはまる

職場の教養9月15日の画像

 社会の一員である私たちは、誰もが様々な「枠」の中で生きています。企業や学校等の集団・共同体という「枠」の一種であり、公共の場所で守るべきルールやマナー、モラルといった目に見えない「枠」もあります。
 また「枠にはまる」という言葉を辞書で引くと、「きまりきったやり方で新味(しんみ)がない」という意味のほかに「型にはまる」という意味もあります。
 Tさんは仕事を効率化しようと職場内マニュアルを無視して業務を行なっていました。しかし、ミスを繰り返してしまい、上司から「マニュアルに即して仕事をしてほしい」と注意を受けたのです。
 そこで、マニュアル通りに作業を進めていくとミスが激減し、仕事の効率が上がったのです。これは、部署全体の仕事の効率化にもつながりました。
 仕事を忠実に行うためには「枠にはまる」働きが重要です。基本に忠実に仕事をする力を養っていけば、やがてオリジナリティのある応用力も養成されていくのです。

一般社団法人倫理研究所 職場の教養9月15日(木)「枠にはまる」より

<今日の心がけ>
基本に忠実な仕事をしましょう

枠にはまる 感想

職場の教養9月15日の画像

 マニュアルなどの「型」は、それ以前にそれを経験した先輩たちがまとめたノウハウの集大成です。時間をかけてできた「型」をまず自分のものにしていきましょう。
型を身につけてしまうと、その型をレベルアップしたようなオリジナルの型ができあがってきます。そうやって、バージョンアップしたマニュアルに繁栄していくと、これからその仕事に関わる後輩たちの役に立つんだと思います。
そうやって、マニュアルがアップグレードしていく組織は強いです。

投稿者: ukara9

食品系会社の一見やる気のない社員です。若い頃から管理職になり「考え方の違う方」との人間関係づくりに悩み、自分に不足してるものを自費で研修や講習や読書でインプットしまくりました。主に職場の教養の感想をUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)